フォトブックをプレゼントする前にチェック!選び方やおすすめタイプ

「フォトブックをプレゼントしたいけれどどれを選べばいいのか分からない…」と悩む方は非常に多いです。
現在、フォトブックサービスを展開している会社は非常に多く、選択肢もたくさんある状況です。どんなフォトブックを選べばいいのか分からないと悩むのは当然のことでしょう。
そこで、今回はプレゼントとしてフォトブックを選ぶ際の「正しい選び方」や「おすすめタイプ」を紹介します。
フォトブック選びで失敗しないためにも、本ページをチェックしておきましょう。

プレゼントのためにフォトブックを選ぶポイント

プレゼントのためにフォトブックを選ぶ場合は、どのような基準で選べば良いのでしょうか。
まずは、フォトブックを選ぶポイントを紹介しますので、プレゼントとして検討している方はチェックしてください。

ギフトラッピングに対応しているか

プレゼントで欠かせないラッピングは、フォトブックでも行ってくれる場合がありますので、対応しているか否かをチェックしましょう。
フォトブックはプレゼントとして人気ではありますが、1冊をそのまま贈るよりも、きちんとラッピングして贈った方が雰囲気も良くなるものです。
プレゼントにフォトブックを検討しているなら、ラッピングサービスの確認を忘れないようにしましょう。
ちなみに、フォトブック会社で提供しているラッピングサービスは、「専用のラッピングキット」を受け取って自分で包装するケースと、会社側で包装してくれるケースがありますので注意してください。

社名の記載がないか

フォトブックをプレゼントするのであれば、社名の記載がないものを選ぶ必要があります。
全てのフォトブックに該当するわけではありませんが、表紙の後ろやページの最後などに、フォトブック会社の社名が印字されていることが多いです。
社名が分かってしまうと現実的な気持ちになってしまい、プレゼントの魅力が半減する可能性があります。また、プレゼントした後に社名を検索されてしまうと、かかったおおまかな費用などが知られてしまいます。
プレゼントであればなるべくお金の情報は隠したいところ。なるべく、社名の印字がないフォトブックを選びましょう。

コメントを挿入できるか

フォトブックを選ぶときには、コメントを挿入できるか否かをチェックしてください。
一般的なフォトブックであれば、コメントやメッセージなどは自由に挿入できる場合がほとんどです。伝えたいことがあれば、フォトブックを通して伝えられますので便利でしょう。
しかし、中にはコメントやメッセージを挿入できないといったフォトブックもあります。「アルバムのように写真を並べるだけ」といったケースもありますので、コメントやメッセージが挿入できるかを忘れずに確認しましょう。

デザインの自由度が高いか

プレゼントとしてフォトブックを選ぶなら、デザイン性に注目しましょう。
フォトブックによって、展開されているデザインテンプレートには違いがあります。種類や数、モチーフのタイプなどフォトブックごとに異なりますので、選ぶ前に「どんなデザインがあるのか」をある程度把握しておく必要があります。
デザインはフォトブックの印象に関わるポイントですから、なるべく種類が豊富なほうが失敗を回避しにくいです。
「しろくまフォト」や「すぐアル」、「カメラのキタムラ」などのように、デザインテンプレートが豊富なフォトブックを選びましょう。

共同編集が可能か

複数人でフォトブックを編集できたらいいな…というときには、共同編集機能があるフォトブックがおすすめです。
友人同士や家族みんなで編集する際、それぞれの端末から共同編集ができれば便利でしょう。時間を合わせて集まる必要もなく、各々が都合の良いタイミングで編集を進めていくことができます。
共同編集機能に関しては、対応しているフォトブックが少ない傾向にありますが、希望するなら探してみることをおすすめします。

アプリやツールの操作が簡単か

スマホやPCの端末を使ってフォトブックを作成する予定であれば、アプリやツールの操作が簡単という点は必要不可欠なポイントです。
特に、フォトブック作成に慣れていない方の場合、複雑な操作性のサービスは利用が難しい場合があります。途中まで頑張ったけれど結局断念することに…となってしまっては、時間がもったいないもの。
フォトブックをプレゼントとして選ぶなら、アプリやツールの操作が簡単なサービスを探しましょう。

プレゼントにおすすめのフォトブックのタイプ

プレゼントとしてフォトブックを贈る場合、どのようなタイプが喜ばれるのでしょうか。
ここからは、プレゼントに最適なフォトブックのタイプを紹介します。

ハードタイプのカバー

プレゼントにフォトブックを選ぶなら、カバーのタイプは「ハードタイプ」がおすすめです。
コストを重視すると、柔らかい紙素材であるソフトタイプが魅力的ですが、ハードタイプの方が高級感があり、特別な雰囲気を感じられます。
プレゼントはそもそも特別なシーンで贈るものですから、カバータイプにとことんこだわるべきといえるでしょう。
また、一口に「ハードタイプ」といっても、フォトブックによってはさらに種類があるケースも多いので、なるべく品質の高いカバータイプを選んでください。

高画質な写真印刷

フォトブックをプレゼントにするなら、使用する写真は高画質で印刷してもらえるフォトブックを選びましょう。
実は、印刷する写真のクオリティはフォトブックによって大きく異なります。「鮮やかで美しい画質」のフォトブックもあれば、「全体的に色味が暗く解像度も低い画質」のフォトブックもあるのです。当然プレゼントするのであれば、前者の方が喜ばれるでしょう。
高画質なフォトブックは費用が割高になる傾向にありますが、せっかくの機会ですからクオリティを重視してみてはいかがでしょうか。

好きなキャラクター素材がある

プレゼント相手の好きなキャラクター素材があるフォトブックは魅力的です。特に、子供の写真を使用する場合や女性にプレゼントする場合は、相手の好きなキャラクター素材を使用すると、とても喜ばれます。
また、キャラクター素材を使用するとポップで明るい雰囲気になりますので、簡単にオシャレなフォトブックにできるでしょう。

指定できるページ数が自由

指定できるページ数が自由なフォトブックは、プレゼントとして検討しているならおすすめです。
フォトブックは大きく分けると「ページ数が少ないタイプ」「ページ数が多いタイプ」があります。ページ数が少ないタイプはコンパクトで手軽に開きやすいのが魅力。ページ数が多いタイプは大量の写真を挿入できて、卒業アルバムのような重厚感が特徴です。
それぞれ雰囲気が異なりますので、シーンに合わせて選べるよう、指定可能な範囲が広いフォトブックを選びましょう。

フォトブックをプレゼントするなら「おすすめ」を要チェック

フォトブックをプレゼントとして検討する方は多いです。しかし、フォトブック選びで失敗してしまうと、不満の残る仕上がりになってしまいますので注意しなければなりません。
現在、プレゼントにフォトブックを贈りたいと考えている方は、ぜひ本ページの「おすすめ」を参考にしてみてください。

これを見ればぴったりのフォトブックがすぐに見つかる!
フォトブックを比較し、ランキング形式で大公開しています!各フォトブックの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのはプレゼントにおすすめの高品質で納期が早いフォトブックばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのフォトブックが見つかります。
おすすめの記事