年賀状っていつまでに注文すべき?具体的な日数や送付すべき期日

年末が近づいてくると考えるのが「そろそろ年賀状を準備しないと」という点ではないでしょうか。
毎年年賀状を送っている方であれば、年末の年賀状準備は恒例なものですし、計画的に進められるでしょう。しかし、年賀状を印刷会社に注文するのが初めての方や、慣れていない方の場合「いつまでに注文すればお正月に間に合うの?」といった疑問を感じるものです。
今回は年状をいつまでに注文すべきなのか、具体的な日数を紹介します。

年賀状っていつまでに注文したほうがいいの?

年賀状はいつまでに注文したらいいの?といった疑問を抱えている方に向けて、注文日の目安を紹介します。
計画的に年賀状を準備するためにも、ここからの内容を参考にしてみてください。

12月15日~25日に手元に届くように注文

年賀状を注文する際には、手元に届くのが「12月15日~25日」になるように注文することが大切です。
とくに、元旦に相手の家へ年賀状が届くようにしたいなら、年賀状は12月15日~25日までに投函しなければなりません。
そのため、うっかり忘れて12月25日を過ぎてしまうと、年賀状が相手の家へ届くのが元旦以降となってしまいます。
デザインの設計や印刷、注文の手間・時間などを踏まえ、3~4日の期間がかかるイメージで計画を立てると安心です。
元旦に年賀状が届くようにしたいなら、上記の期限内に手元に届くようなスケジュールを立てましょう。

元旦を過ぎてもいいなら12月25日以降でもOK

年賀状注文を検討しているものの、「元旦」にこだわらないのであれば、注文のタイミングは12月25日以降でも問題ありません。
そもそも、年賀状は必ずしも元旦中に送付しなければならないといったルールはありません。あくまでも、年賀状は新年のあいさつを兼ねているだけですので、1月の2日や3日に届いてもマナー違反になはならないのです。
そのため、「元旦に相手の家へ届かなくてもいい」と考えているのであれば、自分の都合に合わせて対応しても問題ないでしょう。

年賀状を注文・送付する際の注意点

年賀状を注文・送付するにあたり、注意しなければならないことがあります。
予定通りに年賀状の準備を進めるためにも、ここからの内容を参考にしておきましょう。

納品日のチェックを忘れない

年賀状を注文する際、絶対に注意しなければならないのが「納品日のチェック」です。
「12月23日に注文すればいい」と思っても、納品日が12月26日となってしまう場合があります。元旦に相手の家へ届くようにしたいなら、12月25日までの投函は必須です。
納品日のスケジュールを確認しておかないと、思いがけず予定が狂ってしまう可能性があるのです。
また、納品日の目安は年賀状印刷会社によって大きく異なります。即日で対応してくれる会社もあれば、1週間近く期間を要する会社もあります。
利用する年賀状印刷会社の納品スケジュールがどれくらいなのか、必ず確認しておきましょう。

なるべく早く注文を済ませる

年賀状の注文を検討しているのであれば、なるべく早く済ませることが大切です。
年賀状印刷会社の中には、スピーディーにデザインから印刷、発送まで対応してくれる会社もあるでしょう。しかし、もしかしたら郵送事故や自然災害などにより予定通りに年賀状が届かないといった可能性も考えられます。
「12月20日までに納品されるはずだったのに、25日を過ぎてしまった…」といったケースに陥るリスクがあるのです。
上記のような問題を避けるためには「余裕をもった注文」が必要です。万が一の事故などに備え、12月初旬など早めの対応を検討しましょう。

年賀状の投函サービスを利用してスピーディーに

年賀状印刷会社の中には、「投函サービス」を提供しているところもありますので、ぜひ活用してみてください。
年賀状の投函サービスは、注文者の自宅に年賀状を納品せず、会社から直接投函して各送付先へと届けます。これにより、自分で年賀状を投函する時間や手間を省くことができますし、年賀状印刷会社から自宅に送付される時間も短縮できます。つまり、スピーディーかつ手軽に年賀状を送ることが可能なのです。
年賀状の注文がギリギリになってしまった場合も、投函サービスを利用すれば、12月25日までに間に合う可能性があるでしょう。

年賀状印刷をスピーディーに行ってくれる会社

年賀状の印刷では、スピーディーに対応してくれる会社を利用することが、計画的な準備を成功させるものです。
ここからは、年賀状の印刷をスピーディーに行ってくれる会社を紹介します。
「送付するタイミングが期限ギリギリになりそう!」という方は、ぜひ会社選びの参考にしてみてください。

パレットプラザ

パレットプラザは、年賀状印刷をスピーディーに行ってくれる会社として人気です。
一般的な年賀状印刷会社の場合、注文から発送までは数日かかることがほとんどです。すぐに、年賀状の準備を済ませたい方にとっては、やや長い期間に感じてしまうでしょう。
しかし、パレットプラザの年賀状は、最短で注文日から翌日中に受け取ることができます。そのうえ、自宅で注文して近隣の店舗に受け取りに行くだけです。
「今日中に年賀状を投函しなければ!」といった、慌てているときでも安心。12月25日までの期限に間に合わせやすいといえます。
早さを重視している方にとっても、パレットプラザの年賀状印刷のスピーディーさは大満足間違いないでしょう。

カメラのキタムラ

カメラのキタムラは、全国各地に店舗があるのが特徴で、スマホから注文後店頭で受け取ることができます。そのうえ、最短での受け取りスケジュールは即日中です。
カメラのキタムラは、もともとフォトプリントがメインの会社ですが、スピーディーな年賀状作成も近年注目を集めています。
「買い物帰り」「外出のついで」など、出かける用事に合わせて受け取れるのは大きな魅力といえるでしょう。
また、カメラのキタムラは、店頭受け取りのほか自宅での受け取りも可能です。「子供が小さくて外出が難しい」「出かける用事がない」といった場合は、自宅受け取りが便利でしょう。

しろくまフォト

しろくまフォトは、年賀状印刷会社の一つです。注文から1~3日に発送してもらえるだけではなく、投函代行サービスも提供しています。
しろくまフォトに注文すれば、年賀状の作成から印刷、投函まで全て対応してくれますので、手軽に年賀状を遅れるのが魅力です。
そのうえ、年賀状の投函代行サービスは無料。コストパフォーマンスから見ても、メリットが大きい年賀状印刷会社といえるでしょう。
ただし、注文者の自宅に郵送してもらう場合は、最長で3日かかる場合がありますので、スケジュールを見ながら、注文時期を見極める必要があります。

年賀状をいつまでに注文すべきか覚えておこう

本ページでは、年賀状はいつまでに注文すればいいのか、について解説しました。
年賀状を予定通りに送付するためには、スピーディーな対応が必要不可欠です。期限までに投函できるよう、余裕をもったスケジュールを立てることが大切です。
現在、年賀状の注文日や投函日に疑問を抱いている方は、本ページの内容を参考にしたうえで、準備を進めていきましょう。

これを見ればぴったりのフォトブックがすぐに見つかる!
フォトブックを比較し、ランキング形式で大公開しています!各フォトブックの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのはプレゼントにおすすめの高品質で納期が早いフォトブックばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのフォトブックが見つかります。
おすすめの記事