年賀状印刷のマナー集|結婚報告における基本マナーや文例を紹介

今年結婚をしたカップルであれば、「年賀状で結婚報告をしたい」と考えるケースが多いでしょう。
年賀状であれば、写真付きで結婚報告をすることができますし、お互いの近況報告のきっかけにもなり、メリットが多いといえます。
しかし、ここで注意しなければならないのが「マナー」です。場合によっては相手に失礼となる可能性がありますので気をつけなければなりません。
そこで、今回は年賀状印刷におけるマナーとして「結婚報告の基本マナー」及び「文例」を紹介します。

そもそも年賀状で結婚報告するのはアリ?

年賀状で結婚報告をすることは、マナー違反にはなりません。
結婚報告といえば、実際に会って報告したり、電話やメールなどで報告することが多いでしょう。しかし、それはあくまでも「近い間柄」「よく会う関係」に限られます。
学生時代の友人や以前勤めていた先の職場の同僚などであれば頻繁に会うことはありませんし、結婚を報告するタイミングも悩ましいところでしょう。そのため、関係性によっては結婚報告をせずに至ってしまったという場合もあると思います。
そんなときに便利なのが年賀状です。基本的に年賀状は「新年のあいさつ」として送付しますが、あわせて結婚報告をすることに関して、マナー違反といったルールはありません。
つまり、「あけましておめでとう」というあいさつと同時に「結婚しました」と記載しても問題はないのです。
年賀状を送付する際に、同時に結婚報告をすることは断然「アリ」といえます。

年賀状で結婚報告する場合のマナー

年賀状で結婚報告をすること自体はマナー違反とはなりません。しかし、結婚報告をする際のマナーは存在します。
年賀状がきっかけで関係が悪化してしまった…といった事態に陥らないためにも、年賀状における結婚報告のマナーを知っておきましょう。

目上の方には失礼になる場合がある

年賀状で結婚報告をする場合、送付相手が目上の方であると、失礼にあたる場合があります。
そもそも、結婚報告は入籍後1~2か月にすべきといわれています。入籍のタイミングが10月以降であれば、新年のあいさつと同時に結婚報告をしても失礼になりません。
しかし、10月より前の時期に入籍した場合、翌年の元旦に出す年賀状で結婚報告をすると、目上の方が相手であれば「遅い!」となってしまうのです。
近年は年賀状で結婚報告を済ませることが多いので、「受け取った側」はあまり気にしない場合もありますが、一応目上の方に対しては、入籍の時期と照らし合わせながら検討することをおすすめします。

デザインは送付相手の属性に合わせる

年賀状で結婚報告をする場合、はがきのデザインは送付相手の属性に合わせることが大切です。
例えば、大人世代や目上の方などに対して年賀状を送付するのであれば、落ち着いたデザインが好ましいでしょう。同世代や若い世代が送付相手であれば、比較的華やかなデザインでも問題ありません。
とはいえ、属性ごとにデザインを変更するのは大変…というのが正直なところ。可能であれば、どの世代にも失礼にならないような落ち着いたデザインを採用して結婚報告をするといいでしょう。

写真選びは慎重に

年賀状で結婚報告をするなら、使用する写真は慎重に選んでください。
結婚式の写真や新婚旅行の写真、日常風景がわかる写真など、使いたいと感じる写真は多いのではないでしょうか。しかし、年賀状は送付相手だけではなく、その家族にも見られる可能性があります。そのため、誰が見ても不快に思わないような写真をチョイスしなければなりません。
一般的に避けたほうが良いとされている写真は、「キスしている写真」「お姫様抱っこをしている写真」「花嫁の露出が多い写真」などです。赤裸々な雰囲気を感じる写真は、万人受けしません。
そのため、「笑顔の二人が並んでいる写真」「結婚指輪のアップ」「後ろ姿」などが好ましいでしょう。

喪中であれば年賀状で結婚報告はしない

身内に不幸があったなど、喪中の場合は年賀状で結婚報告をすることはマナー違反です。
そもそも、喪中の際には年賀状の送付もタブーになります。12月15日までに喪中はがきを送付し、立春までに寒中見舞いを出します。この「寒中見舞い」のタイミングで結婚報告も同時にすることがマナーといわれています。
思わぬ反感を買わないためにも、喪中の場合は上記を参考にしてください。

旧姓も添えておく

結婚を機に苗字を変更した方は、年賀状の結婚報告の連名ではカッコ書きで旧姓も書いておくことが大切です。
友人や知人などにとって、新たな姓にはなじみがないもの。「年賀状を貰ったものの誰からなのかわからない…」といった事態に陥る可能性があります。
上記のようなトラブルを避けるためには、旧姓も添えることが大切です。「写真を見ればわかるだろう」と思っても、意外にも「写真を見てもわからない」といったケースは少なくありません。
万が一に備えて、新姓と一緒に旧姓を添えておいてください。

年賀状で結婚報告する際の文例

年賀状で結婚報告をする場合は、「シンプルな文例」が基本です。長文でダラダラと書くのはあまりおすすめできません。
「あけましておめでとうございます」に、結婚報告を+αとして追加する程度で十分です。
とはいえ、具体的に「何て書けばいいの?」といった疑問を抱えている方は多いでしょう。
ここからは、そのまま年賀状に使える結婚報告の文例を紹介します。

簡単に報告を済ませる場合

「あけましておめでとうございます 昨年の10月15日に結婚しましたことをご報告申し上げます お近くにお越しの際はぜひ遊びに来てください」

簡単に報告を済ませたいのであれば、事実を淡々と述べるような雰囲気の文で問題ありません。
気持ちのままに書いてしまうと、思わぬ誤解を招くこともありますので、上記を基本として考えましょう。

二人を応援してほしい気持ちを伝えたい場合

「謹んで新春をお祝い申し上げます このたび、私たちは夫婦として新たなスタートをきることとなりました 未熟な二人ではありますがご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」

これからも良い関係を築いていきたいという相手には、上記の文例がおすすめです。
また、友人や知人だけではなく、目上の方や恩師などに宛てた年賀状にも使えます。

結婚式の予定にも触れる場合

「あけましておめでとうございます 11月1日に入籍し、新たな人生の一歩を踏み出しました。今年結婚式を予定しておりますので 追ってご案内させていただきます 今後ともどうぞよろしくお願いいたします」

年賀状印刷では「結婚報告」のマナーは必須

年賀状で結婚報告を検討しているのであれば、マナーがあることをあらかじめ理解しておかなければなりません。
年賀状のマナー違反は、今後の関係に大きな影響を与えることがあります。場合によっては疎遠になったり、嫌われてしまう心配もありますので、必ずマナーを守って年賀状で結婚報告をすることが大切です。
現在、年賀状印刷とともに、結婚報告を検討している方は、本ページの「マナー」を参考にしながら素敵な年賀状を作成しましょう。

これを見ればぴったりのフォトブックがすぐに見つかる!
フォトブックを比較し、ランキング形式で大公開しています!各フォトブックの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのはプレゼントにおすすめの高品質で納期が早いフォトブックばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのフォトブックが見つかります。
おすすめの記事