年賀状印刷料金はいくら?会社ごとの相場や安く依頼するポイントについて

「年賀状印刷をしたいけれど費用が気になる」「送付先が多くてコストの負担が大きい」など、年賀状印刷におけるコスト面に不安を抱えている方が少なくありません。
年賀状は日本の文化の一つ。年末が近づくにつれて、年賀状準備を始める方は多いでしょう。
しかし、年賀状の作成・送付などのコストは意外にも高いのが現状です。「少しでも安く済ませたい」と考えるのは当然といえるでしょう。
そこで、今回は安く年賀状印刷をしたい方に向けて、会社ごとの相場や安く依頼するポイントを紹介します。

年賀状印刷の相場

さっそく、年賀状印刷の相場を紹介します。具体的にどれくらいの費用がかかるのかチェックしておき、予算計画の参考にしてみてください。

パレットプラザ

パレットプラザの年賀状印刷の相場は、1,630円~(10枚)です。
印刷タイプによって料金は変動しますが、最も安価なタイプが「自分でデザインするタイプ」の10枚1,630円~。最も高品質なタイプを希望するのであれば、「プレミアム」で10枚4,080円です。
他にも、「キャラクター」が10枚3,530円、「スタンダード」が10枚3,100など、豊富なラインナップになっています。
さらに、早めに申し込むと「超早割」が適用されるため、上記の価格から1,000円近く割引されることもあります。
品質を維持したままお得に年賀状印刷をしたいなら、パレットプラザがおすすめです。

カメラのキタムラ

カメラのキタムラの年賀状印刷は、印刷タイプによって相場が大きく異なります。例えば、「こだわりデザイン」であれば基本料金が3,500円であり、さらにプリント料金が1枚あたり50円発生します。
前項の「パレットプラザ」と比べると、「基本料金」が別途で設けられていますので、料金設定はやや複雑に感じるかもしれません。しかし、1枚あたりのプリント料金は安価ですので、大量に年賀状印刷を行うのであれば、カメラのキタムラもおすすめできます。
ちなみに、最も安価なプランが「自分でつくる・フジカラー」で、基本料金が1,000円、プリント料金が1枚あたり50円です。

おたより本舗

年賀状印刷で比較的有名な会社である「おたより本舗」は、10枚あたり2,080円~が相場です。
比較的相場範囲内ではありますが、有料オプションが設けられていることも多く、デザインによっても価格に差が生じます。
しかし、依頼時期が早ければ30%オフなどの割引が適用されますので、比較的安価で済ませやすいでしょう。
また、年賀状印刷のほか、写真プリントやフォトブックなどを同時注文することで、年賀状印刷が最大40%引きとなります。
「これを機に写真をプリントして整理したい」と考えているなら、おたより本舗でお得にできるでしょう。

しまうまフォト

しまうまフォトの年賀状印刷料金は、通常価格10枚2,280円~です。写真入りの年賀状の場合は10枚あたり2,680円となりますが、早割価格が適用されればそれぞれ48%引きで注文することができます。
なお、「急ぎで注文したい」という場合は、オプションとして「特急出荷」がおすすめです。翌日中に発送しますので、「うっかり年賀状の準備を忘れていた」という方は、便利なオプションでしょう。
ちなみに、しまうまフォトの年賀状は、平均して発送に2~3日かかります。スピードを求めるのであれば、オプションの利用が必須となりますので注意してください。

年賀状印刷を安く依頼するポイント

年賀状印刷は決して安価なことではありません。だからこそ、「1円でも安く済ませたい」という気持ちがあるものです。
ここからは、年賀状印刷を安く依頼するためのポイントを見ていきましょう。

安い会社を利用する

安く年賀状印刷をしたいと考えているのであれば、安い会社の利用をおすすめします。
本記事で触れたとおり、年賀状印刷会社の相場を比較してみると、それぞれ差があることが分かるでしょう。1枚あたり数十円程度の差であっても、10枚、50枚と枚数が増えるとその差は大きくなるものです。
そのため、年賀状印刷においてコストパフォーマンスを重視するのであれば、少しでも安い会社を利用する必要があります。
年賀状印刷を安く済ませるには、「会社選び」が重要であることを覚えておいてください。

早期割を狙う

年賀状印刷会社の多くは「早めの注文で割引する」といったキャンペーンを実施しています。
主に、12月の半ばくらいまでは早期割が適用されることが多いので、早めの準備が重要です。
年賀状印刷会社によっては、早期割で30~40%ほどの割引を実施していることもあります。お得に利用するためにも、各会社のキャンペーン・割引情報をチェックしておきましょう。

大量注文する

大量注文は意外にも安く済ませることができる注文方法です。
一般的に、年賀状印刷会社は「注文枚数が多いほど1枚当たりの単価が下がる」といった傾向にあります。そのため、10枚注文する場合と、100枚注文する場合とでは、後者の方が1枚あたりの価格が安いのです。
もし送付先が多いのであれば、少ない枚数ずつ複数の会社に注文するよりも、一つの会社にまとめて大量注文したほうが安価です。
1枚あたりの費用を抑えるためにも、大量注文を予定しているのであれば、1つの会社に全枚数の印刷を依頼してください。

年賀状印刷会社を選ぶ際の注意点

年賀状印刷会社を選ぶにあたり、いくつか注意点があります。
思わぬ損をしないためにも、年賀状印刷会社を選ぶ際の注意点をチェックしてください。

キャンペーン内容を重視しすぎない

年賀状印刷会社を選ぶにあたり、まず注意したいのが「キャンペーン内容を重視しすぎないこと」です。
年賀状印刷会社のホームページなどを見てみると、「早割で30%引き」「20枚以上の注文で500円引き」など、魅力的なキャンペーン内容が記されていることがあります。
お得に年賀状印刷を行いたい方にとって、魅力的なキャンペーンに感じるでしょう。しかし、キャンペーン内容が魅力的である一方、通常価格が高く設定されているといった落とし穴がある可能性もあります。
魅力的なキャンペーン内容を見つけたら、「通常価格はどれくらいか」をチェックしておくといいでしょう。

サービスの範囲内を確認する

年賀状印刷会社を選ぶ際には、基本のサービス範囲をチェックすることが大切です。
基本料金に含まれるサービスがどこまでなのかを知っておかないと、後から有料オプションをつけなければなりません。
例えば、「宛名書き」「送料」などは、基本サービスに含まれていて実質無料となっているケースと、有料オプションとして提供しているケースがあります。
一見印刷料金が安価に見えても、有料オプションを使用しないと理想の年賀状を作成できない…といったことも考えられますので、サービス範囲内のチェックは必須です。

年賀状印刷の相場を知っておこう

今回は、年賀状印刷の相場について解説しました。年賀状印刷会社によって、料金の相場には大きな違いがありますが、おおよその目安を把握しておくことで、予算を立てやすくなるでしょう。
とくに送付先が多い場合や、年賀状のクオリティを重視したい場合には、年賀状印刷料金が高くなりがちです。
少しでも安く抑えられるよう、本ページの内容を参考にしながら、安い会社への利用を検討してみてください。

これを見ればぴったりのフォトブックがすぐに見つかる!
フォトブックを比較し、ランキング形式で大公開しています!各フォトブックの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのはプレゼントにおすすめの高品質で納期が早いフォトブックばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのフォトブックが見つかります。
おすすめの記事