フォトブックサービス「ノハナ(nohana)」ってどう?リアルな口コミ・評判を公開

フォトブックサービスとして注目を集めている「ノハナ(nohana)」をご存じですか?
他のフォトブックサービスにはない、独自の魅力的なサービスを展開していることから、ユーザーが多く、人気の高さが特徴です。
しかし、一方でデメリットも多く耳にするのが現状。初めて利用する方にとっては気になるところでしょう。
そこで、今回はノハナのフォトブックの口コミや評判をご紹介します。

フォトブックサービス「ノハナ(nohana)」とは

ノハナとは、フォトブックサービスの一つです。メディアでも取り上げられた実績があり、知名度も人気も高いサービスでもあります。
実際、フォトブック作りでは「とりあえずノハナで作ってみる」と考える方も少なくありません。
フォトブックサービスのなかでも、ノハナは定番的なサービスですので、失敗したくない方が選ぶ傾向にあります。

フォトブックサービス「ノハナ(nohana)」の特徴

フォトブックサービスであるノハナは、どのようなフォトブックを作れるのでしょうか。
ここからは、完成したフォトブックやサービスの特徴について詳しくご紹介していきます。

毎月1冊無料で作成できる

ノハナは、毎月1冊は無料で作成できるのが特徴です。
その月の思い出を1冊のフォトブックにまとめれば、1年間で12冊作れます。四季折々の写真を楽しんだり、子供の成長過程を家族で共有したりなど、さまざまな使い方ができるため、さまざまなユーザーからフォトブック作りのサービスとして選ばれています。
溜まりがちな写真を定期的に見直すきっかけにもなるため、便利なサービスといえるでしょう。
ちなみに、2冊目以降のフォトブックは別途料金(フォトブック代、オプション代)+送料の支払いが必要です。

送料は275円

ノハナは、毎月1冊無料でフォトブックを作成できますが、送料が275円かかるため注意してください。
支払い方法はクレジットカードや、各種電子マネー、一部のプリペイドカードなどに対応しています。
なお、請求が確定するのは、フォトブック発送後です。

通常・プレミアム・高画質から選べる

ノハナのフォトブックは、「通常フォトブック」「プレミアムフォトブック」「高画質」の3種類から選べます。
通常フォトブックは、14cmスクエアサイズで写真の使用可能枚数は21枚。印刷にはインクジェットを採用しています。
また、製本タイプはソフトカバーですので、ややカジュアルな印象を感じるフォトブックに仕上がります。
一方、プレミアムフォトブックは、サイズが14.5cmスクエアもしくは18.5cmスクエアの2種類から選べます。写真の使用可能枚数は最大で67枚と、通常フォトブックよりも多いのが特徴です。また、印刷では銀塩プリントを使用しているため、より高品質・高画質です。
製本はハードカバータイプですので、行事やイベントなど特別な日の写真をフォトプリントにしたいときにおすすめできます。
高画質フォトブックは、それぞれをイイトコ取りしたような1冊。費用感と仕上がりのバランスが良く「手頃な価格で良いフォトブックを作りたい」という方にピッタリです。

専用アプリでストーリー機能も楽しめる

ノハナの専用アプリでは、ストーリー機能も搭載しています。日々の記録を気軽に楽しめるのは魅力的なポイントでしょう。
とくに、子育て中の方や、写真が趣味の方であれば、毎日の写真をサクッと閲覧できるのは嬉しいところ。
スマホ向けに立てスクロールで写真を楽しめるのもノハナならではです。

フォトブックサービス「ノハナ(nohana)」の口コミ・評判

ここからは、フォトブックサービス「ノハナ」の口コミや評判をご紹介しています。
インターネット上で挙がっているリアルな声をリサーチしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

注文から届くまでに期間がかかる

ノハナでフォトブックを注文すると、届くまでに1週間~10日ほどの期間がかかります。
フォトブックサービスのなかには、即日中に受け取れるケースもあるため、スピードを重視したい方にとっては不満を感じるサービスであるといえるでしょう。
実際に以下のような声が挙がっていました。

「プレゼント用だからもっと早いと助かる」
「ほしいときに手元に届かないから別のサービスを使うことが多い」

また、ノハナは店頭受け取りには対応していません。受け取り方法は郵送のみですので注意しましょう。

通常フォトブックは画質が粗め

通常フォトブックは安価な面が魅力ですが、一方で「品質の高さは期待できない」という声が非常に多いです。
実際、通常フォトブックの仕上がりを見てみると、ピントを外した部分のボケ具合が荒くなっている様子が見られます。ピントが合っている部分は細部まで忠実に表現されている部分をふまえると、通常フォトブック相応のクオリティといえるでしょう。
ちなみに、画質や品質については、以下のような声が挙がっていました。

「日々の記録としては申し分ないけれど、子供の七五三やお食い初めなどの大切なシーンには使えない」
「自然の写真は、細部まで色合いが再現されないから、全体的にボヤっとした印象になる」

通常フォトブックを選ぶ場合には、画質や品質のクオリティを把握したうえで検討したほうがいいでしょう。

プレミアムフォトブックはとても美しい仕上がり

ノハナのプランのなかでも最も美しいフォトブックがプレミアムフォトブックです。
通常フォトブックと比べると、細部の最限度には大きな差があります。複雑な色合いにもしっかり対応できるため、全体的にクリアで鮮明な写真に仕上がるのです。銀塩プリントならではのクオリティといえるでしょう。
ノハナのプレミアムフォトブックは、数あるフォトブックサービスのなかでも評価が高い傾向にあります。

「大切な写真をフォトブックにしたいときだけプレミアムフォトブックを選んでいる。それ以外は、格安の別のサービスを使うようにしている」
「子供の行事の写真は、必ずプレミアムフォトブックを使う」

美しく残したい写真や、特別な写真はノハナのプレミアムフォトブックを選ぶといった声が多く挙がっていました。
格安フォトブックサービスと使い分けているなどの声も多く、ユーザーごとに便利な使い方をしているようです。
ただし、ノハナのプレミアムフォトブックは、通常フォトブックと比べるとお高めですので注意してください。
ちなみに、具体的な料金は1冊3,300円~です。

アプリで気軽に作れるのが便利!

ノハナは専用のアプリからサクサク作れるのが便利です。ユーザーも「手軽さ」を理由にリピートしている方が多い傾向にあります。
実際、作り方は専用のアプリに写真をアップロードし、画面の指示に従いながらフォトブックのプランなどを選んでいくだけ。簡単な操作のみで作成できるため、フォトブック作りが初めての方からも高評価です。

「初めてだったけどスムーズに作れた」
「直感的に操作できるのは嬉しい」

スマホからの注文が初めてであれば、まずはノハナからチャレンジしてみるのもいいでしょう。

フォトブックサービス「ノハナ(nohana)」は安さが魅力

本ページでは、フォトブックサービスの一つ「ノハナ」についてご紹介しました。
ノハナは、さまざまなフォトブックサービスのなかでも、比較的人気の高いサービスです。また、ユーザー目線でアプリが開発されているため、「使いやすい」「分かりやすい」といった魅力もあります。
これからフォトブック作りをしたいと検討している方は、ノハナも視野に入れて自分にピッタリのサービスを探してみてください。

これを見ればぴったりのフォトブックがすぐに見つかる!
フォトブックを比較し、ランキング形式で大公開しています!各フォトブックの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのはプレゼントにおすすめの高品質で納期が早いフォトブックばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのフォトブックが見つかります。
おすすめの記事