フォトブックVSアルバム|写真整理におすすめの方法について

素敵な景色や思い出作り、記録など、さまざまなシーン・さまざまな目的で写真は撮ります。
中には、ほぼ毎日写真を撮影しているという方もいるでしょう。しかし、せっかく撮影した写真をそのままカメラやスマホに残しておくだけ…という方はいませんか?
せっかく撮った写真は、きちんと整理することが大切です。そこで、今回は写真整理を行うにあたり、フォトブックとアルバムのどちらがおすすめなのか、詳しく紹介します。

フォトブックのメリットとデメリット

まずは、写真整理において、フォトブックにはどのようなメリット・デメリットがあるのか紹介します。

メリット

フォトブックのメリットとして挙げられるのが「デザイン性の高さ」です。作成会社が提供するデザインテンプレートやフレームを活用するだけで、一気にオシャレなデザインのフォトブックへと導くことができます。
背景をカラフルにしたり、素敵なイラスト入りのページにするなど、デザインの幅が広いため「こだわって作りたい!」という方にとって魅力的といえます。
そのうえ、フォトブックは薄くてコンパクトなものが多く、保管場所に困りませんし、プレゼントでも喜ばれやすいといったメリットがあります。
また、写真一枚一枚を収納する手間もなく、簡単にお気に入りの写真をまとめて整理できるでしょう。

デメリット

フォトブックは、一冊の本として受け取りますので、後から写真を追加することができません。そのため、「この写真も入れればよかった」と後悔する可能性もあります。
また、フォトブックのページをデザインしたり、レイアウトを考える際には、PC・スマホの操作が必須となりますし、デザインに関するセンスや知識も問われます。自信がない方にとってはややハードルが高く感じるかもしれません。
他にも、知っておかなければならないデメリットがあります。それが「画質」の問題です。一般的なフォトプリントよりも、フォトブックにした写真のほうが画質が悪い傾向にあります。データでは鮮やかで美しかったのに、フォトブックにしたら残念な仕上がりに…となる可能性もあるので注意しましょう。

アルバムのメリットとデメリット

アルバムで写真整理をするにあたり、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
ここからは、アルバムの詳細を紹介します。

メリット

アルバムの最大のメリットは、手軽に始められることです。スマホやPCのスキルはもちろんのこと、写真を追加するだけというタイプのアルバムであればデザインのセンスも必要ありません。
そのうえ、後から写真を入れ替えることができますし、写真はアルバムのフィルムに守られますので、汚れにくいといった魅力もあります。
ちなみに、旅行や思い出の品も一緒に保管したい場合、アルバムであれば自由に追加することができます。チケットや子供がお絵かきした紙、友人からのお手紙など、一緒に保管したいものがあれば、アルバムがおすすめです。

デメリット

アルバムのデメリットとして挙げられるのが「厚みがある」「かさばりやすい」という点です。市販されているアルバムの多くは、すでに厚みがあるタイプでしょう。さらに、中に写真を追加すると、より厚みが増してしまいます。保管やプレゼントには不向きなので注意してください。
また、アルバムは意外にも出費が大きい整理方法です。写真の現像代金のほか、アルバム費用もかかります。最近は100円ショップでもアルバムが販売されていますが、保管可能枚数が少なかったり、お気に入りのデザインが見つけられない場合などがほとんどでしょう。結局数百円~数千円のアルバムを購入する必要があります。

フォトブックとアルバムなら写真整理におすすめなのは?

フォトブックとアルバムなら、写真整理におすすめなのはどちらなのでしょうか。
「どちらにもメリット・デメリットがあり決められない」という場合は、以下でシーン別におすすめの整理方法を紹介していますので、参考にしてみましょう。

デザイン重視ならフォトブック

写真を保管するにあたり、ページにデザイン性を求めるのであれば、フォトブックが断然おすすめです。
アルバムは背景が白などの単色であることがほとんどですが、フォトブックはイラストや柄、カラーなどを自由に指定できます。
「旅行のフォトブック」「家族のフォトブック」など、テーマごとに素敵なデザインを選んでみましょう。

後から写真を追加したいならアルバム

一冊にどんどん写真を追加していきたい…という場合はアルバムがおすすめです。
フォトブックとは異なり、アルバムなら限度まで写真を自由に追加できます。そのうえ、写真を入れ替える際も、思い立ったらすぐにできるでしょう。
そのうえ、スマホやPCの必要もありません。「どんなレイアウトにすればいいか分からない」「1ページに何枚の写真を入れればいいの?」など悩む必要もありません。
今後、写真を追加したり入れ替えたりする可能性があれば、アルバムを選ぶと安心です。

写真以外も保存するならアルバム

写真以外も保存したいのであればアルバムがおすすめです。
例えば、旅先で使ったチケットや記念品、子供の成長が分かる手形やエコー写真、友人からの手紙や寄せ書きなど、アルバムに入る厚み・大きさであれば、基本的に何でも保存することができます。
「写真と一緒に思い出のものも保存しておきたい」と考えているなら、ぜひアルバムを活用してはいかがでしょうか。

安く済ませたいならフォトブック

「なるべく安く済ませたい」という方には、フォトブックがおすすめです。
フォトブックの場合は、数十枚の写真を使用するにも関わらず、わずか500円~1,000円程度で作成できることが多いもの。アルバムの場合は、写真1枚あたり20円かかることを考えると、わずか10枚ですでに200円かかってしまいます。そのうえ、アルバム代も必要ですので、合計するとさらに出費は大きくなってしまうでしょう。
「写真を安く整理したい」「あまりお金をかけられない」という方であれば、フォトブックの活用がおすすめです。

保管しやすい方を選ぶならフォトブック

保管しやすい方を選びたいときには、フォトブックがおすすめです。
アルバムの場合は1ページあたり、数枚程度の写真しか追加することができません。一方、フォトブックは、写真1枚あたりのサイズを小さくすることで、1ページあたり数十枚を載せることができます。
そのため、たくさんの写真をフォトブックに追加しても、厚みを抑えることができるのです。フォトブック自体が薄くコンパクトになりますので、保管場所に悩むこともないでしょう。

写真整理なら「フォトブック」がおすすめ!

写真整理であれば、フォトブックがおすすめです。
アルバムにもメリットはたくさんありますが、利便性やコストパフォーマンス、デザイン性などの面から見ると、フォトブックの方が満足度の高い写真保管方法となります。
写真は大切な思い出ですから、これを機に写真整理をしてみませんか?
現在、写真の整理方法に悩んでいる方は、本ページを参考にしながら、自分に合った選択肢を考えてみてください。

これを見ればぴったりのフォトブックがすぐに見つかる!
フォトブックを比較し、ランキング形式で大公開しています!各フォトブックの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのはプレゼントにおすすめの高品質で納期が早いフォトブックばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのフォトブックが見つかります。
おすすめの記事