フォトブックは友達へのプレゼントにおすすめ!魅力や制作アイデアを紹介

誕生日や記念日、卒業祝い、入社祝いなど、友達にプレゼントを渡すシーンは多いものです。
大切な友達の特別な日には、素敵なプレゼントを渡して喜んでほしいというのが本音でしょう。しかし、プレゼント選びは意外にも難しいと感じる方が少なくありません。
「何を贈ればいいのか分からない」という方も多いでしょう。そんな方におすすめなのが、フォトブックです。
今回は友達へのプレゼントをフォトブックする魅力や、制作で使えるアイデアなどを紹介します。

フォトブックを友達へのプレゼントにする魅力

友達へのプレゼントとして「フォトブック」を選ぶにあたり、どのような魅力があるのでしょうか。
まずは、フォトブックをプレゼントにすべき魅力についてみていきましょう。

厳選した写真だけを使用できる

フォトブックは、厳選した写真だけを使用できることから、友達へのプレゼントとして魅力的です。
一般的なアルバムとは異なり、フォトアルバムは作成後に写真を追加したり、差し替えたりすることができません。
そのため、使用する写真は必然的に厳選することとなります。後から「別の写真にしておけば良かった…」と不満が残らないよう、思い入れのある写真や特別な写真を選ぶことになるでしょう。
結果的に、フォトブックを作成する際に、写真をしっかり厳選するため、より特別な1冊へとにすることができます。

人数分の印刷ができる

フォトブックは、デザインや使用写真が決まれば、人数分の印刷を自由に指定することができます。
例えば、普段から5人で仲良くしているのであれば、プレゼント相手の友人だけではなく、他の友人にも同じフォトアルバムを配布すれば、みんなで思い出を共有することができるでしょう。
より友達としての絆を深められますし、後日集まったときにフォトアルバムの内容で会話が盛り上がるかもしれません。
いずれにせよ、友人みんなで思い出を共有できるのは、フォトアルバムの最大の魅力といえます。

加工した写真を使用できる

フォトブックは、加工した写真を使用することができますので、写りを重視したい方におすすめです。
特に、女性であれば「肌の明るさ」「可愛らしいエフェクト」などは必要なポイントでしょう。フォトブックは、すでに加工を施しておけば問題なくページに挿入することができます。
「少しでも綺麗に見せたい」を叶えられますので、フォトブックは女友達へのプレゼントにも最適といえます。

デザインの自由度が高い

フォトブックはデザインの自由度が高いのが魅力です。
アルバムの場合は、現像した写真をそのまま収納するだけであることがほとんどです。しかし、フォトブックはまるで絵本を作るような感覚で、デザインやレイアウトを自由に設計できます。
例えば「カバーに友人みんなで撮影した写真を入れる」「ページごとに季節の花を入れる」「友人が好きなカラーをベースにしたデザインにする」など、こだわりを全て盛り込むことができます。
友人の好みにあわせたり、お互いの趣味を反映させるなどして、オリジナル性の高いフォトブック作りを意識してみてください。

友達へのプレゼントとしてフォトブックを作る際のアイデア

友達へのプレゼントとしてフォトブックを選ぶ方は多いですが、「無難なデザインでは物足りない…」という方もいるのが現状です。
せっかくのプレゼントですから、個性的な演出やより友人が喜んでくれる工夫をこらしたいところ。
ここからは、友達へのプレゼントとして、「フォトブック」を作る際のアイデアを紹介します。

左右で「写真ページ」「メッセージページ」に分ける

友達にフォトブックをプレゼントするなら、左右のページで「写真」「メッセージ」を入れるようなデザインがおすすめです。
例えば、ページを開いたときに、右のページに二人の笑顔の写真を入れて、左のページに「これからもたくさん遊ぼう」といったメッセージを入れるアイデアがあります。
写真を入れたページにそのままメッセージも盛り込む方は多いですが、写真にかぶってしまったり、メッセージを入れるために写真を小さくしなければならないなど、さまざまな問題が生じてしまうものです。
「写真だけのページ」をあえて作れば、写真を大きく載せることができるでしょう。また、メッセージだけのページを作ることで、「長文のメッセージを入れたい」といった希望も叶えやすくなるので便利です。

あえて「手書きコーナー」を作る

フォトブックを作成するのであれば、あえて手書きコーナーを作ってメッセージを直筆で書くのがおすすめです。
一般的に、フォトブックに入れるコメントやメッセージは印刷で済ませてしまうことがほとんど。しかし、印刷で済ませてしまうと、手書きならではの温かみや気持ちを感じることができません。
可愛らしいフレームをページ内に設けて、印刷後に手書きをしてからプレゼントすれば、そのひと手間に感動してくれることは間違いないでしょう。
「特に伝えたいメッセージ」「ずっと伝えたかったこと」などがあれば、印刷で済ませずに、あえて手書きを選んでみてはいかがでしょうか。

複数冊で一枚の絵になるカバーデザイン

複数人の友人にもフォトブックを配布するのであれば、全てのフォトブックを並べると一枚の絵になるようなカバーデザインを選んでみてください。
例えば、4人で同じフォトブックを共有するのであれば、上下左右に並べたときに、「4人の集合写真が完成する」「メッセージが浮かび上がる」「かわいいイラストになる」など、複数冊で一枚の絵や作品になるデザインは特別感を覚えるものです。
誰か一人でも欠けたら、表紙のデザインは完成しません。だからこそ、お互いの絆が深まりますし、お互いに大切に思っていること認識しあえるでしょう。

寄せ書きページを作る

フォトブックを友達にプレゼントするなら、寄せ書きページを作ってみてはいかがでしょうか。
寄せ書きといっても、卒業アルバムのようにたくさんの人からメッセージを募る必要はありません。お互いにメッセージを書き合ったり、共通の友人にメッセージをお願いするなどして、友達があっと驚くような演出をすることもおすすめです。
学生時代に戻ったつもりで、ぜひ寄せ書きを楽しんでみてください。

ページ内にサプライズを取り入れてみる

フォトブックで素敵な演出をしたいなら、サプライズを取り入れてみることがおすすめです。
例えば、ページ内にお揃いのキーホルダーを挟んでおいたり、ページの最後に長文のお手紙感覚で気持ちや応援メッセージを入れるなど、予想もしていなかったようなサプライズを取り入れてみてください。
フォトブックならではの演出はたくさんありますので、特別な日にピッタリなサプライズを計画しましょう。

フォトブックは友達へのプレゼントにピッタリ

今回はフォトブックを友達にプレゼントする場合の魅力や、アイデアなどについて紹介しました。
友達へのプレゼントには迷ってしまうことが多いですが、「フォトブック」なら、気軽に準備できるうえに、特別なプレゼントになります。
現在、「どんなプレゼントにしよう?」と迷っている方は、ぜひフォトブックを検討してみてください。

これを見ればぴったりのフォトブックがすぐに見つかる!
フォトブックを比較し、ランキング形式で大公開しています!各フォトブックの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのはプレゼントにおすすめの高品質で納期が早いフォトブックばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのフォトブックが見つかります。
おすすめの記事