フォトブックを「敬老の日」のプレゼントに!メリットや作成ポイントについて

「敬老の日は毎年プレゼントに迷う…」「何を贈ったらいいのか分からない」など、敬老の日のプレゼントに頭を抱える方は多いです。
そんな方はぜひ「フォトブック」を検討してみてはいかがでしょうか。
子供の成長や家族みんなの様子などが分かる写真は、おじいちゃん・おばあちゃんの宝物です。
そこで、今回は敬老の日にフォトブックを贈るメリットや、作成時のポイントをご紹介します。

敬老の日のプレゼントに「フォトブック」はアリなの?

そもそも敬老の日のプレゼントとして、「フォトブック」はアリなのでしょうか。
結論からいいますと、断然ありです。
敬老の日のプレゼントといえば、「食器」「家電」など、実用性の高いプレゼントが注目されがち。実際に、受け取った側も嬉しいことでしょう。
しかし、フォトブックは実用性はないものの、「思い出」がたっぷりと詰まっています。おじいちゃんとおばあちゃんだけのオリジナルのプレゼントにもなりますので、他の家とかぶることもありません。
「世界でたった一つだけのプレゼント」「手間ひまかけたプレゼント」は敬老の日のプレゼントとして喜ばれますので、まさにフォトブックは最適といえるでしょう。

敬老の日にフォトブックを贈るメリット

敬老の日のプレゼントとして、フォトブックを贈るメリットには何が挙げられるのでしょうか。
具体的なメリットについて見ていきましょう。

子供の成長の様子を見せてあげられる

敬老の日のプレゼントとしてフォトブックを贈るメリットは、「子供の成長」を見せてあげられることです。
遠方に住んでいたり、事情によりなかなか会えない場合、祖父母に子供を見せてあげたくてもなかなか会わせてあげられないことがあるでしょう。
そんなときには、これまでの子供の成長が分かるような写真をフォトブックにおさめ、一冊の本としてまとめて贈ることがおすすめです。
おじいちゃんやおばあちゃんは、一冊のフォトアルバムを通して子供の成長を感じられます。テキストだけではなく、写真でも子供の雰囲気が分かるのは高齢者にとって大きなメリット。とくに、「目が悪い」といった場合は、メールや手紙などのような細かな文字は読みにくいもの。フォトブックなら、言葉がなくても子供の様子を伝えられます。
また、フォトブックを展開する会社によっては「郵送で自宅以外に届けられる」といった場合もあります。「遠方に住んでいて会いに行けない」というときにも便利です。

家族の様子を振り返られる

おじいちゃん、おばあちゃんも交えた「家族の写真」を入れてフォトブックを作ることで、家族のこれまでの様子を振り返ることができます。
フォトブックを見ながら「あんなことがあったね」「この頃は若かったね」と、過去に想いを馳せられるのは大きなメリットでしょう。とくに、おじいちゃん・おばあちゃんと別居しているなら、家族みんなが写る写真は貴重な宝物です。
家族みんなの楽し気な写真を中心に、フォトブックにまとめてみてはいかがでしょうか。

飾れる

フォトブックのデザインによっては、お気に入りのページを開いたまま飾ることができます。
ページのデザインがおしゃれであれば、ちょっとした写真立てのような感覚で部屋に飾っておくことができますので、おじいちゃんおばあちゃんはいつでも写真を楽しめるでしょう。
「ただのアルバムでは物置にしまいっぱなしになってしまう…」という場合であっても、フォトブックなら「出しっぱなし」で楽しんでもらいやすいためおすすめです。

邪魔にならない

フォトブックは家電や食器などとは異なり「置き場所に困りにくい」といったメリットがあります。
家電や食器の場合「もう収納する場所がない」「すでに頂き物が多くて貰っても困る…」など、意外と受け取った側は困惑していることが少なくありません。
しかし、フォトブックは単行本や雑誌サイズであり、そのうえ厚みもありませんので「本棚に入れておく」「テーブルに出したまま気軽に開く」「ベッド脇に置いておく」など、さまざまな場所に置いておきやすいのです。
プレゼントを贈るにあたり、「邪魔にならないもの」は必要最低限配慮したい部分。フォトブックであれば、贈り物にありがちな「どこに置こう?」という問題を回避できます。

敬老の日のプレゼントとしてフォトブックを作る際のポイント

敬老の日のプレゼントとして、フォトブックを作る場合にはどのようなポイントがあるのでしょうか。
ここからは、敬老の日にピッタリなフォトブックを作るためのポイントをご紹介します。

子供の写真は「日常が垣間見える写真」を選ぶ

子供の写真をフォトブックにする場合は、日常の様子がイメージできるような写真を選ぶことが大切です。
まるで記念写真のような綺麗な写真はフォトブックの素材として魅力的でしょう。おじいちゃん、おばあちゃんにも見せてあげたいと思うもの。しかし、意外にも「兄弟で喧嘩しているシーン」「叱られて泣いているシーン」などのような、「日常が見られる写真」のほうが喜ばれる傾向にあります。
「どのように過ごしているのか」「どんな生活を送っているのか」が分かると、子供たちの過ごし方もイメージしやすいもの。
記念写真のような写真ばかりではなく、ちょっぴりほほえましくなるような日常的な写真も取り入れてみてください。

本人が中心となった写真をピックアップ

家族の写真をフォトブックに取り入れるなら、おじいちゃんやおばあちゃんなど、本人たちが中心となった写真を多めにピックアップしましょう。
「おじいちゃんが家族に誕生日を祝われているシーン」「おばあちゃんが初孫をとツーショットを撮っている写真」など、本人が中心となった写真を選ぶことで、喜んでもらいやすくなります。
家族の様子が分かる写真も大切ですが、本人たちが大きく写った写真にも目を向けてみてください。

ハードカバータイプを選ぶ

フォトブックを敬老の日のプレゼントとして選ぶなら、「ハードカバー素材」を検討してください。
ソフトカバータイプの場合、「折れやすい」「破れやすい」といった難点がありますので、プレゼントには適していません。
ハードカバー素材であれば、折れや破れに強いため長期保存にも適しています。また、ハードカバーは「高級感」を与える素材でもありますので、プレゼントにピッタリでしょう。
「特別感を演出したい」「せっかくのプレゼントだから豪華にしたい」と考えている方は、ハードカバータイプのフォトブック作りを計画してみてください。

文章は少なめに

敬老の日のプレゼントとしてフォトブックを作成する場合は、文章(コメント)を少なめにすることをおすすめします。
ついつい撮影当時などの様子を細かく書きたくなってしまうことは多いですが、高齢者にとって「細かな文字を読むこと」は負担の大きな作業です。
なるべく負担をかけずに楽しんでもらえるよう、フォトブックに入れる文章は「日付」「一言コメント」程度にとどめておきましょう。

敬老の日はフォトブックを贈ろう!

敬老の日のプレゼントにお悩みの方は、ぜひ「フォトブック」を検討してみませんか?
フォトブックは世界でたった一つだけの特別なプレゼントになります。おじいちゃん、おばあちゃんに喜んでもらえるプレゼントですので、敬老の日の贈り物として最適です。
「何を贈ったらいいのだろう」とプレゼント選びに迷っている方は、本ページの内容を参考にしながら、素敵なフォトブックを作ってみてください。

これを見ればぴったりのフォトブックがすぐに見つかる!
フォトブックを比較し、ランキング形式で大公開しています!各フォトブックの特徴やおすすめポイントもコンパクトにまとめて紹介しています。ご紹介しているのはプレゼントにおすすめの高品質で納期が早いフォトブックばかりです。ザッと目を通すだけで、ぴったりのフォトブックが見つかります。
おすすめの記事